今までお世話になった医療関係者に聞く

 

医師が転職先を探す方法は様々ありますが、もしお世話になった医療関係者がいるなら、頼ってみるのも良いでしょう。
医師が不足している医療機関や、募集している病院などが無いか聞く方法です。
もし医療従事者らの紹介を利用できれば、転職活動にあてる時間を節約可能なうえ、場合によってはすぐ転職できます。

しかし、医療関係者のコネがなければ紹介してもらえない点がデメリットとなります。
また、仮に紹介してもらったとしても、そこが自分に合っているとは限りません。
年収や待遇など、条件面で不利になる場合もあります。
もし紹介してもらう際は、年収などの条件をしっかり確認し、職場の雰囲気などもチェックしておきましょう。

個人的に見つけた医師募集情報に問い合わせる

 

もう一つの転職先を探す手段が、自ら医療機関の募集情報などをチェックする方法です。
医療法人や病院が個別に医師を募集しているケースは多く、通常の求人サイトにはない募集が見つかる場合もあります。
現在はインターネットがありますので、ネットで地域の募集情報をチェックすることも簡単です。
もし条件の良い募集を見かけたら、問い合わせてみてはいかがでしょうか。

ただし、個人的に募集を見つける方法は手間がかかります。
まず募集している医療機関を探さないといけませんし、詳細を自分で問い合わせる必要があります。
また、すでに募集が終わっている可能性が残されており、必ずしも採用されるとも限りません。
転職までに時間を要するリスクが高い点にも注意が必要です。

転職サイトを使う

 

そして最もポピュラーな方法が転職サイトです。
現在は医師に特化した専門の求人サイトも多く、様々なエリア・条件の中から希望の求人を探せます。
転職サイトによっては、非公開求人や独占求人も取り扱っており、より良い待遇・条件の案件を見つけることも難しくありません。
無料のキャリアコンサルティングを受けられるサイトも多いため、キャリアアップを目指す方にも最適です。

ただし、各サイトごとに求人数・サービス内容が異なるので注意しましょう。
それ以外にデメリットはなく、他の方法よりもリスクは低めです。
自分の希望条件に沿った求人を比較検討できますので、転職するなら主軸に置くべき手段とも言えます。
求人探しで迷った時は、まず転職サイトに登録してみると良いでしょう。