なぜ内科なのか?

 

すぐにでも働きたい、転職したいと考えている方は、まず内科を検討してみてはいかがでしょうか。
内科は様々な症状・病気を扱う診療科で、子供からご年配まで幅広い患者が訪れます。
比較的ポピュラーな診療科でもありますが、すぐ転職したい方にも最適な科なのです。

内科は全国的に医師が不足している診療科の一つで、求人数も多いのが特徴です。
もちろん地域差もありますが、内科は需要の高い診療科で、医師を求めている医療機関も少なくありません。
そのため、すぐに働ける点が最大の強みです。

将来性も高い

また、少子高齢社会を迎えている日本では、今後内科のニーズが更に高まると考えられています。
つまり内科が今以上に欠かせない診療科となる一方、医師不足の解消が課題にもなっているのです。
大小様々な病院が無いかを募集していますが、こうした事情も背景にあります。

逆に言えば、内科は将来性が高い診療科です。
開業を見据えた場合はもちろんながら、キャリアアップをする場合にも最適な選択肢となるでしょう。
将来を視野に入れるなら、転科や転職を検討するべき診療科と言えます。

内科の次に多い外科系

 

もう一つ、内科に次いで狙い目の診療科が外科です。
内科とは正反対に位置し、外傷や様々な疾患、外科的手術を扱う診療科ですが、外科も全体的な医師不足になっており、内科と並んでニーズが高いのです。

訪れる患者を診察、治療するだけでなく、時には救命医療にも携わるなど、外科医は常に必要とされています。
求人も多い傾向にあり、外科医を求めている医療機関も少なくないのです。
数ある診療科の中では比較的多忙で、治療にあたっては強い責任感が求められますが、内科と同様に将来性があり、キャリアアップも期待できます。

年収も高いのが魅力

外科は命にかかわる症例を沢山扱う一方で、年収の高さが特徴です。
見合っているかは個人次第と言えますが、年収そのものの水準は高めになっており、2000万円を超える場合もあります。
経験・スキル次第では、さらなる年収アップも望めます。

また、外科は当直やオンコール、救急時の呼び出しなどもあります。
いずれも手当が支給されるため、実際の手取りも多いのが魅力と言えるでしょう。
ただし、休日もいつ呼び出されるか分かりませんので、ライフワークバランス志向の方には適さないことに注意が必要です。