スポンサードリンク

業界初!“保険の原価”を開示したライフネット生命

先日「ワールドビジネスサテライト」で死亡保険(定期)「かぞくへの保険」が「プロが選ぶ保険ランキング第一位」に選ばれるなど商品に対する支持を得ているライフネット生命保険会社をご存知でしょうか?

2008年11月21日、インターネット専門の保険会社であるライフネット生命保険が、“保険料の原価”の全面開示に踏み切りました。このことは生命保険業界にとって今まで公開などありえないことだったのにです。

 保険契約者が支払う保険料は、保険金支払いの原資である純保険料、保険会社の経費などにあたる付加保険料とで構成されています。この付加保険料には、営業職員や代理店への手数料や、保険会社の利益などが含まれ、開示はタブーとされてきました。

 出口治明・ライフネット社長は「クルマや電化製品などと違い、保険は見たり触れたりできない。また一部の商品を除いて手数料も開示されておらず比較しづらい。そこで保険会社間で差が大きい付加保険料を開示すれば競争が進むと考えた」と保険料原価公開の理由を説明しています。営業職員がいないライフネットだからこそ開示に踏み切ることができたのでしょう。

 では、いったい付加保険料にはどれほどの差があるのか。

 たとえば、30歳男性の死亡保険金3000万円の定期保険(期間10年)に支払う年間の保険料は、ライフネットが約4万円(純保険料約3万円と付加保険料約1万円)で、ある大手生保は約8万円。その差は2倍ですが付加保険料で比べれば、差は5倍に広がります。

 同じ日本人が対象のため、原価である純保険料はほぼ同額であり、他生保でも純保険料は約3万円となります。つまり、ある大手生保の付加保険料は約5万円、ライフネットの約1万円の5倍になっているのです!

 ただでさえ収益が悪化している生保各社には、価格引き下げ競争になりかねない付加保険料の開示は避けたい事態。そのため「余計なことをしてくれた」との声もあがっているようです。しかしながら、金融商品の手数料開示は世界的な流れ。また、消費者本位のサービスを提供すると言う意味では、当たり前のことなのかもしれません。

ライフネット生命保険会社の無料資料請求ができる、保険市場のご利用はコチラから。

友達に伝える
スポンサードリンク
twitter
加入調査
加入している保険会社はどこ?
共済
アメリカンファミリー(アフラック,AFLAC,AFRAC)
郵便局の簡易保険
日本生命
第一生命
住友生命
明治安田生命
アリコジャパン
ソニー生命
朝日生命
損保ジャパン
三井住友海上火災
富国生命
東京海上日動火災
アメリカンホームダイレクト
太陽生命
チューリッヒ生命
その他
どこかわからない
加入していない
ライフネット生命
SBIアクサ生命
ネクスティア生命保険
楽天インシュアランス
加入している生命保険のひと月あたりの掛け金はいくらですか?
〜5000円
5001円〜10000円
10001円〜15000円
15001円〜20000円
20001円〜25000円
25001円〜30000円
30001円〜35000円
35001円〜40000円
40001円〜45000円
45001円〜
メインメニュー

検索

お役立ちサイトランキング

1位・・・

スクエアbang!

2位・・・

保険マンモス無料相談

3位・・・

女性のための入院保険 フェミニーヌ

人気ブロック

スポンサードリンク

ブックマーク
1日でわかる自動車保険
サイト登録

当サイトは携帯からもアクセスできます。

qr