スポンサードリンク

60代〜 退職後

●相続税の心配がなければ死亡保障は不要。

死亡保障を「残された遺族のための生活費を確保するため」と考えると、退職までに夫婦2人分の老後の生活費が準備できているとすれば退職後の死亡保障はまず必要ありません。夫が亡くなっても、残された妻が生活費に困ることはないからです。

ただし、亡くなったときに、家族に経済的負担をかけないよう、葬儀費用相当分は預貯金か保険(終身保険)で準備することはしておきたいです。医療保障もできるだけ長く手当てしておきましょう。これらの保険は60歳を過ぎてからでは、加入できなかったり、加入できても保険料がかなり高額になるので、できれば40代のうちに準備しておきたいものです。終身保険で300〜500万円くらいの死亡保障と、終身(少なくとも80歳まで)の医療保障があれば、十分かと思います。

相続税などに関して

ただし、資産家で相続税がかかるおそれのあるケースでは、保険金で納税資金を準備した方がいい場合もあります。該当する人は、専門家に相談されることをお勧めします。

以上みてきましたように、保険はその年代・家族構成によって入る目的が違い、それによって適切な商品も変わってきます。自分の目的をはっきりさせ、それに合う保険を上手に選んでください。

目的の生命保険を決める

「何が心配か」が決まれば、次は対応する「生命保険の種類」を決めましょう。下表は、あくまで保険を選ぶ際の参考・目安ですが、生命保険の種類を決める際の参考にしてください。

生命保険
種類
どんな時に 何が心配か
死亡 生存 病気
ケガ
家族の
生活費
葬式
費用
入院・
治療費
老後
資金
学費 貯蓄 介護
費用
残ローン
の返済
定期保険
終身保険
養老保険
収入保障保険
個人年金保険
学資保険
医療保険
がん保険
介護保険
就業不能保険

死亡保障の生命保険の選び方

ある程度、生命保険の種類を絞り込めたと思います。通常、死亡保障がある生命保険は大きく分けて終身・定期・養老の3つがありますが、ここでは、収入保障保険も加えた4つで比較してみましょう。例えば、お葬式代だけなら「終身保険」、子供が成人するまでの一定期間だけ手厚く保障したいなら「定期保険」、貯蓄をメインにしたいなら「養老保険」、また一定期間の保障をしつつ、期間に応じて保障額を減らすなら「収入保障保険」など、目的にあった保険を検討します。

自分で保険選びをする際、いくつかの保険会社の保険商品を比較することも多いかと思いますが、その際は日本最大級の保険一覧比較サイト「保険市場」 やスクエアバンの【無料】最大15社の生命保険を一括パンフレット請求! などの一度に複数の保険会社の資料を無料で請求できるサービスや、無料で比較的中立なファイナンシャルプランナーに相談できるクチコミで広まった保険マンモスの無料保険相談 などを利用すると便利なのでおすすめです。

友達に伝える
スポンサードリンク
twitter
加入調査
加入している保険会社はどこ?
共済
アメリカンファミリー(アフラック,AFLAC,AFRAC)
郵便局の簡易保険
日本生命
第一生命
住友生命
明治安田生命
アリコジャパン
ソニー生命
朝日生命
損保ジャパン
三井住友海上火災
富国生命
東京海上日動火災
アメリカンホームダイレクト
太陽生命
チューリッヒ生命
その他
どこかわからない
加入していない
ライフネット生命
SBIアクサ生命
ネクスティア生命保険
楽天インシュアランス
加入している生命保険のひと月あたりの掛け金はいくらですか?
〜5000円
5001円〜10000円
10001円〜15000円
15001円〜20000円
20001円〜25000円
25001円〜30000円
30001円〜35000円
35001円〜40000円
40001円〜45000円
45001円〜
メインメニュー

検索

お役立ちサイトランキング

1位・・・

スクエアbang!

2位・・・

保険マンモス無料相談

3位・・・

女性のための入院保険 フェミニーヌ

人気ブロック

スポンサードリンク

ブックマーク
1日でわかる自動車保険
サイト登録

当サイトは携帯からもアクセスできます。

qr