販売チャンネル、商品の多様化
スポンサードリンク

保険販売チャンネル、商品の多様化

近年、保険業界は規制緩和の影響を受け第三分野であるがん保険、医療保険などが自由化され次々と新しい商品が登場しています。今まで横ばいであった保険料、保障内容も大きく異なるようになってきました。

また、保険の販売チャンネルに関しても、従来は営業職員や代理店から保険に加入するのが一般的でしたが、テレビCMやインターネットなどでの通信販売、また銀行窓口での全保険商品の保険商品の販売解禁が2007年末に迫るなど保険商品だけでなく販売チャンネルも実に多様化しています。

保険会社からしても、通販などで管理コストを削減してより一層のサービス、保障内容の向上を図ることが出来ますので、これからも販売チャンネル、商品ラインがより一層拡大していくかと思われます。

これからは、過大で重複した保障の見直しをすることで、よりその人にあった無駄の無い保障内容の保険を自分で選ぶ時代になってくると思います。自分のライフプランの設計や保障内容は自分で決める『自助努力』が必要不可欠になるのではないでしょうか?

自分で保険選びをする際、いくつかの保険会社の保険商品を比較することも多いかと思いますが、その際は日本最大級の保険一覧比較サイト「保険市場」 やスクエアバンの【無料】最大15社の生命保険を一括パンフレット請求! などの一度に複数の保険会社の資料を無料で請求できるサービスや、無料で比較的中立なファイナンシャルプランナーに相談できるクチコミで広まった保険マンモスの無料保険相談 などを利用すると便利なのでおすすめです。

友達に伝える
スポンサードリンク
twitter
加入調査
加入している保険会社はどこ?
共済
アメリカンファミリー(アフラック,AFLAC,AFRAC)
郵便局の簡易保険
日本生命
第一生命
住友生命
明治安田生命
アリコジャパン
ソニー生命
朝日生命
損保ジャパン
三井住友海上火災
富国生命
東京海上日動火災
アメリカンホームダイレクト
太陽生命
チューリッヒ生命
その他
どこかわからない
加入していない
ライフネット生命
SBIアクサ生命
ネクスティア生命保険
楽天インシュアランス
加入している生命保険のひと月あたりの掛け金はいくらですか?
〜5000円
5001円〜10000円
10001円〜15000円
15001円〜20000円
20001円〜25000円
25001円〜30000円
30001円〜35000円
35001円〜40000円
40001円〜45000円
45001円〜
メインメニュー

検索

お役立ちサイトランキング

1位・・・

スクエアbang!

2位・・・

保険マンモス無料相談

3位・・・

女性のための入院保険 フェミニーヌ

人気ブロック

スポンサードリンク

ブックマーク
1日でわかる自動車保険
サイト登録

当サイトは携帯からもアクセスできます。

qr