スポンサードリンク

独身時代の選び方

●最低限の基本的な保障を

よくあるパターンで学校を卒業,就職し社会人になると、会社に生命保険の営業の人が訪ねてきます。そして、保険を勧められるわけです。しかしながら、はたして言われるままに入ってもいいのでしょうか。

生保営業の人が20代の独身者に勧めるのは、「定期保険特約付き終身保険(以下、定期付き終身保険)」か、「自由設計型の保険」のどちらかであることが多いです。 どちらの場合も、死んだ時の保障額を小さめにして、医療の保障をわりと充実させています。 たとえば、終身保険150万円に2,850万円の定期特約を付けて、死亡保障額を合計3,000万円(自由設計型は定期保険特約だけで 3,000万円)にしたものとかです。それに入院1日あたり5,000円が支払われる医療特約が付いています。更に三大疾病保険特約をはじめ、さまざまな特約がセットされています。

3,000万円というのは決して小さな死亡保障ではありませんが、30代以上で既婚者の方にには死亡保障5,000万円以上の保険が勧められることを考えれば「比較的少なめ」と言えるでしょう。保険料も月額10,000円〜15,000円におさえ、新社会人にも入りやすいという事をポイントにしています。なんとなく「社会人になったら保険に入るもの」という雰囲気がありますから、ついつい加入してしまいます。

単身者に必要な保障の考え方

けど、考えてみて下さい。会社に入ったばかりの独身の方に3,000万円もの死亡保障が必要なのでしょうか。結婚して、子どもが生まれれば、自分に万一のことがあったときの場合に備え家族の生活を支えるための保険―死亡保障が必要になるでしょう。しかし、結婚するまでふつうはいらないのです。ただし、親を経済的に援助している人、シングルでも子どものいる人は相当の死亡保障が必要です。

つまり、独身の時に必要となるのは死亡保障ではなく、本人が病気やけがで入院したときの医療保障です。入院してさまざまな費用がかかった場合も、両親などに経済的な負担をかけることのないような備えは、社会人として最低心がけておくべきことです。この保障のための保険には、単独の「医療保険」(入院保険)があります。外資系の生命保険会社や、中堅の保険会社、全労済などがあつかっています。通信販売で加入できる商品も多く、一部の損害保険会社も医療保険を販売しています。

入院日数や手術の種類に応じて給付金が支払われる掛け捨ての保険で、入院1日あたりの給付金5,000円の契約なら、20代の場合の保険料は2,000円前後からです。不必要な死亡保障のための保険に10,000円もの保険料を払うより、2,000円の掛け捨て保険だけにして、浮いた分は結婚の費用のために貯蓄するなり、親孝行に使うなりすることもできます。

女性の場合、定期付き終身保険ではなく「終身保険」を勧められることも多いようですが「必要なのは医療保障だけ」、というのは男性の場合と同じです。独身時代にすすめられて、終身保険に医療特約をつけて入る人も多いのですが、結婚や出産で仕事を辞めると、保険料を払いつづけるのが負担になってきます。それが保険料の安い医療保険なら、無理なく続けられるというメリットがあります。

●終身医療保険(X社の契約例) 保障期間:終身 1入院あたりの支払限度:60日

種類

保障内容

保障額

疾病入院給付金

病気による入院は1日目から通算最高 1,000日まで保障される

1日5,000円

災害入院給付金

病気による入院は1日目から通算最高 1,000日まで保障される

1日5,000円

手術給付金

手術の種類に応じて支払われる

50,000円 100,000円 200,000円

↓上記の場合の月払保険料(保険期間:終身)・・・あくまで参考値です。実際に加入する際の参考にしてください。

年齢

20歳

25歳

30歳

男性

1,490円

1,635円

1,790円

女性

1,420円

1,565円

1,720円

目的の生命保険を決める

「何が心配か」が決まれば、次は対応する「生命保険の種類」を決めましょう。下表は、あくまで保険を選ぶ際の参考・目安ですが、生命保険の種類を決める際の参考にしてください。

生命保険
種類
どんな時に 何が心配か
死亡 生存 病気
ケガ
家族の
生活費
葬式
費用
入院・
治療費
老後
資金
学費 貯蓄 介護
費用
残ローン
の返済
定期保険
終身保険
養老保険
収入保障保険
個人年金保険
学資保険
医療保険
がん保険
介護保険
就業不能保険

死亡保障の生命保険の選び方

ある程度、生命保険の種類を絞り込めたと思います。通常、死亡保障がある生命保険は大きく分けて終身・定期・養老の3つがありますが、ここでは、収入保障保険も加えた4つで比較してみましょう。例えば、お葬式代だけなら「終身保険」、子供が成人するまでの一定期間だけ手厚く保障したいなら「定期保険」、貯蓄をメインにしたいなら「養老保険」、また一定期間の保障をしつつ、期間に応じて保障額を減らすなら「収入保障保険」など、目的にあった保険を検討します。

自分で保険選びをする際、いくつかの保険会社の保険商品を比較することも多いかと思いますが、その際はインズウェブの日本最大級の保険一覧比較サイト「保険市場」 やスクエアバンの【無料】最大15社の生命保険を一括パンフレット請求! など活用、どういった保険がベストを検討するため無料で比較的中立なファイナンシャルプランナーに相談できるクチコミで広まった保険マンモスの無料保険相談 などを利用すると便利なのでおすすめです。

友達に伝える
スポンサードリンク
twitter
加入調査
加入している保険会社はどこ?
共済
アメリカンファミリー(アフラック,AFLAC,AFRAC)
郵便局の簡易保険
日本生命
第一生命
住友生命
明治安田生命
アリコジャパン
ソニー生命
朝日生命
損保ジャパン
三井住友海上火災
富国生命
東京海上日動火災
アメリカンホームダイレクト
太陽生命
チューリッヒ生命
その他
どこかわからない
加入していない
ライフネット生命
SBIアクサ生命
ネクスティア生命保険
楽天インシュアランス
加入している生命保険のひと月あたりの掛け金はいくらですか?
〜5000円
5001円〜10000円
10001円〜15000円
15001円〜20000円
20001円〜25000円
25001円〜30000円
30001円〜35000円
35001円〜40000円
40001円〜45000円
45001円〜
メインメニュー

検索

お役立ちサイトランキング

1位・・・

スクエアbang!

2位・・・

保険マンモス無料相談

3位・・・

女性のための入院保険 フェミニーヌ

人気ブロック

スポンサードリンク

ブックマーク
1日でわかる自動車保険
サイト登録

当サイトは携帯からもアクセスできます。

qr