スポンサードリンク

主契約の種類

終身保険

保障が一生涯続く

終身保険は死亡保険なので死亡した場合に死亡保険金が支払われます。同じ死亡保険の定期保険との最大の違いはその保障期間です。定期保険は一定期間の保障ですが、終身保険の保障期間は一生涯になります。

また、終身保険は保障期間も一生涯なので支払う保険料に関しては定期保険の保険料よりも高くなります。保険料の支払方法には死亡するまで一生涯支払う『終身払いタイプ』と一定期間で払い終える『有期払いタイプ』があります。支払う保険料は払い込み期間が短いほど高くなります。

終身保険は定期保険より保険料は高くなりますが、長期間契約を継続することで解約返戻金がたまります。ですので死亡保障が必要な期間を過ぎてから終身保険を解約して解約返戻金を老後の生活資金にするという使い方も出来ます。つまり貯蓄性もある保険であるといえます。

終身保険

終身保険の特徴

  • 一生涯の死亡保障
  • 長期間継続することで解約返戻金がたまる
  • 支払い方法は終身払いタイプと有期払いタイプがある

定期保険

掛け捨てですが保険料が安い

定期保険はあらかじめ保険期間を定めて加入してその保険期間中に死亡したら死亡保険金が受け取れます。主契約の中で最も割安な保険料で高額な死亡保障を確保できる保険商品です。ただし、保険期間を一日でも過ぎると死亡しても保険金の支払いを受けることは出来ません。

また、保険期間が年満期の場合、保険期間満了時に契約者が『更新はしません』と申し出ない限り自動的に契約が更新(保険期間が満了したときに、健康状態に関係なく原則としてそれまでと同一の保障内容・保険金額での保障を継続できる制度です。)されます。また、 更新の際、更新時の年齢、保険料率によって保険料が再計算されるので、保険料は通常高くなります。また、保険期間が短いほど保険料は安く、長いほど保険料は高くなります。

定期保険

定期保険の特徴

  • あらかじめ保険期間を定めて加入する
  • 保険期間中に高度障害または死亡した場合に保険金が支払われる
  • 保険期間が年満期だと満了すると無告知・無審査で自動更新
  • 更新後は更新時の年齢で保険料が適応される

養老保険

死亡保障と貯蓄りょうほうの機能を持つ

養老保険は定期保険と同様、保険期間は一定でその保険期間内に死亡したら死亡保険金、満期時に生存していれば満期保険金を受け取ることが出来ます。養老保険は死亡保険と生存保険それぞれの長所を組み合わせたよう菜保険ですので死亡保障と貯蓄の機能を兼ね備えています。

貯蓄性があるため保険料は高くなります。予定利率の高かった頃は貯蓄性のある保険としても人気がありましたが、予定利率の低い現在ではあまりおすすめの商品ではないかもしれません。死亡保障のためだけに加入しては保険料が割高です。

養老保険

養老保険の特徴

  • 保険期間内に死亡したら死亡保険金、満期時に生存していれば満期保険金が支払われる
  • 貯蓄性があるため保険料は高い
  • 死亡保険金と満期保険金は同額

医療保険

2001年の第三分野の規制が撤廃されたことによりさまざまなタイプの医療保険がでてきていますが医療保険とは病気やけがでの入院や定められた内容の手術を受けたときに、入院給付金・手術給付金の受け取れる保険のことをいいます。保険期間は10年、20年と期間で定めるもの、60歳、80歳など年齢で定めるもの、一生涯保障が続くものとあります。

生命保険会社によって一回の入院で何日、通算で何日までと定められていることもあるので確認しておきましょう。最近では一回の入院日数120日まで、通算入院日数〜1095日までと選択の幅が広がってきています。

死亡保険に特約として入院特約をつけるのではなく単独で医療保険に加入することで、余分な保険料の支払いを省くことができます。

がん保険

「がん」に特化した保険商品のことで、「がん」と診断されたときに診断給付金を受け取れます。がんは日本人の死亡率の上位であり、長期療養そして高額な治療費がかかるため近年「がん保険」の人気は高まっています。

医療保険と同様、2001年の第三分野の規制が撤廃されたことによりさまざまなタイプのがん保険が誕生していますが、気をつけたいポイントとして保険会社によって、保障対象となるがんの種類が異なることがありますので約款をチェックしたり、保険会社に問い合わせるなどして確認しておきましょう。

ポイント

がん保険はがん以外の病気やけがは対象外ですので、特約もしくは他の保険商品で病気やけがに対する保障を備えましょう。

定期付終身保険

主契約の終身保険に特約の定期保険を付けたもので、良く見かける種類の生命保険です。定期保険と同じように全期型と更新型があります。

ポイント

注意しなければならないことは、払込が終わると、定期の保障がなくなり、終身の部分しか保障が残らない点です。払込の年齢が60歳や65歳のものが多く、それ以降、大幅に保障が減るものが多いようです。60歳になると、保障が100万・200万になるような場合もあります。

逓減定期保険

基本的に定期保険と変わらりませんが、死亡保険金がだんだん減っていくのが特徴です。トータルの保険料は、定期保険に比べて安いです。通常、必要保障額は年々減っていきますので、だんだん減る保険金額と必要な死亡保障額がだいたいあうような設計をされているので、より無駄のない保険と言えます。

家族生活保障

被保険者が死亡した場合、保険期間の終了まで年金が支払われる保険です。死亡後の保険料支払いは免除されます。

三大疾病保険

がん・心筋梗塞・脳卒中のいずれかになり、死亡した場合に死亡保険金が、また死亡時以外でも一定の条件を満たした場合に死亡保険金額と同額の保険金が支払われます。

ポイント

三大疾病になれば必ず給付金がでるわけではなく、一定の条件を満たさないといけませんのでこの点を確認の上での加入が望ましいです。また、病気やケガで保障される医療保険に加入の上、比較的治療費のかかる三大疾病に備えるための保険ですので、まずは医療保険に加入して、その上で加入を検討してください。

介護保険

所定の要介護状態が一定日数以上続いたときに、介護給付金の支払われる保険です。保険会社によって介護認定条件にばらつきがありますので加入時には認定条件の確認をしましょう。

友達に伝える
スポンサードリンク
twitter
加入調査
加入している保険会社はどこ?
共済
アメリカンファミリー(アフラック,AFLAC,AFRAC)
郵便局の簡易保険
日本生命
第一生命
住友生命
明治安田生命
アリコジャパン
ソニー生命
朝日生命
損保ジャパン
三井住友海上火災
富国生命
東京海上日動火災
アメリカンホームダイレクト
太陽生命
チューリッヒ生命
その他
どこかわからない
加入していない
ライフネット生命
SBIアクサ生命
ネクスティア生命保険
楽天インシュアランス
加入している生命保険のひと月あたりの掛け金はいくらですか?
〜5000円
5001円〜10000円
10001円〜15000円
15001円〜20000円
20001円〜25000円
25001円〜30000円
30001円〜35000円
35001円〜40000円
40001円〜45000円
45001円〜
メインメニュー

検索

お役立ちサイトランキング

1位・・・

スクエアbang!

2位・・・

保険マンモス無料相談

3位・・・

女性のための入院保険 フェミニーヌ

人気ブロック

スポンサードリンク

ブックマーク
1日でわかる自動車保険
サイト登録

当サイトは携帯からもアクセスできます。

qr